母乳哺育確立のため必要な援助について述べています。

閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    評価はAでした。母乳哺育の確立に必要な援助についてまとめています。主に教科書を主として作成し2000字程度にまとめています。参考にしてください。

    タグ

    援助母性母乳哺育

    代表キーワード

    援助母性母乳哺育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2.
    母乳哺育確立のために必要と考えられる援助について述べなさい。
    母乳哺育には多くの利点がある。しかし、産褥早期に出会う困難さの一つに授乳があげ
    られている。乳汁分泌量の低下や乳房の緊満などの不快感、新生児の扱いに不慣れである
    ことなどから、自尊感情が低下しやすく、早期に母乳哺育を断念してしまう褥婦もいる。
    UNICEF/WHOは 1989 年に母乳育児成功のための 10 カ条を発表し各医療機関がこれを実行し
    新生児期早期からの頻回な母乳哺育を推奨している。円滑な母乳哺育のためには、出産直
    後からの援助だけでなく、妊娠期からの意識づけも重要である。
    妊娠期には、生理的変化や母乳哺育の利点・欠点を説明し、それをふまえて母乳育児を
    行うかを検討するよう促す。妊娠期の乳房のケアについては、妊娠によるホルモンの影響
    から乳房は増大するため、乳房を圧迫しないよう乳房の変化に合わせたブラジャーを着用
    するよう勧める。また、妊娠 18 週ごろより初乳がごく少なからず分泌される。これを放置
    すると乳頭亀裂の原因にもなるため、妊娠 20 ごろより、入浴時に気を付けて洗うようにす
    る。
    産褥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。