日大通信 英米事情Ⅱ リポート課題 2019~2023年版

閲覧数80
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【講評】解答として、質・量ともに申し分ありません。また、教科書の内容以上についてもよ
    く理解していると思います。
    1. スコットランドとウェールズではイギリスを“England”と呼ぶことを嫌う場合がある。
    その理由を国の成り立ちと合わせて Part1 Backgroundから説明しなさい。
    高校時代に参加した英国語学研修の事前研修で、イギリスのことを“England”ではなく必
    ず“UK”と呼ぶように言われたことを覚えている。話す相手がイングランド人ではなく、スコ
    ットランド人やウェールズ人である可能性があるからという理由だった。日本語で一般的に言
    うイギリスは、正式名称を「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland (グレ
    ートブリテンおよび北アイルランド連合王国)」といい、イングランド、スコットランド、ウ
    ェールズ、北アイルランドから構成される。ちなみにグレートブリテン島はイングランド、ス
    コットランド、ウェールズから成る島で、北アイルランドは独立国家であるアイルランド共和
    国の北側に位置している。「イギリス」の語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。