産業革命の流れ

閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    産業革命の流れを纏めたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産業革命の流れ
    学部 年
    第一次産業革命とは、石炭燃料を用いた軽工業の機械化である。第一次産業革命の第一歩
    を踏み出したのは、イギリスである。18 世紀後半から 19 世紀まで、イギリスでは、綿織物
    の需要があり、綿工業の発達に力を入れていた。ジョン・ケイという人物が、「飛び杼」と
    いう機械を発明し、ハーグリーヴズが「ジェニー紡績機」を発明。さらに、アークライト
    が「水力紡績機」を発明し、たくさんの綿糸の生産が可能になった。ちなみに、ハーグリ
    ーヴズの紡績機の名前である、ジェニーとは、彼が愛していた人の名前である。しかし、
    これらの紡績機は手作業であったため、人間の活動できる時間には限界があり、生産量も
    少なくはないが、現代のように一日中作り続けるのは不可能だった。だが、ニューコメン
    が発明した「蒸気機関」の改良が、功を奏し、イギリスの産業に革命をもたらしたのであ
    る。産業だけでなく、交通面でも大きく進歩し、蒸気船や蒸気機関車が実用化され、海上
    や陸上の交通にも大きく貢献した。そして、次に、アメリカとドイツを中心に産業革命が
    起こった。
    第二次産業革命とは、石油燃料を用いた重工業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。