社会福祉士 通信課程 地域福祉の主体について 地域福祉の理論と方法

閲覧数102
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題における、「地域福祉の理論と方法1」科目の「地域福祉の主体」について記述したものです。
    100点満点中70点の評価を頂いています。

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字前後

    評価ポイント
    ●文章構成が適切である:良い
    ●課題の趣旨を理解している:優れている
    ●趣旨が通っている:優れている

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    地域福祉の理論と方法1
    課題1 地域福祉の主体について
    地域福祉の公私の主体について論じ、その中で、地域住民と専門職の役割について説明しなさい。
    【課題のポイント】 地域福祉の理論における主体について、社会福祉法における主体、主体形成の取り組み、
    地域福祉における地域住民の役割と専門職の役割、地域福祉コーディネーターについて説明する。
    【本文】
    地域福祉の推進には住民による主体的な活動と、行政や民間の多様な主体が協働しながらそれぞれの役割を果
    たす事が大切である。地域福祉とは地域社会における福祉の問題に対し、その地域の住民や福祉関係者等が協力
    して解決に取り組む考え方で、誰もが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。