社会福祉士 通信課程 相談援助の理論と方法1アセスメントにおける留意点

閲覧数102
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題における、「相談援助の理論と方法」科目の「アセスメントにおける留意点」について記述したものです。
    ソーシャルワークの展開過程における「アセスメント」について、その位置づけや視点、方法、留意点について説明しなさい。
    (課題のポイント)
    ソーシャルワークの展開過程において、「アセスメント」にはどのような意義があり、どのような役割を果たすのか、またより適正なアセスメントのための視点や方法、留意するべきことについて説明する。

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字前後
    総合評価:80点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    相談援助の理論と方法1
    課題1 アセスメントにおける留意点 ソーシャルワークの展開過程における「アセスメント」について、その
    位置づけや視点・方法、留意点について説明しなさい。
    (課題のポイント)
    ソーシャルワークの展開過程において、「アセスメント」にはどのような意義があり、どのような役割を果たす
    のか、またより適正なアセスメントのための視点や方法、留意するべきことについて説明する。
    【本文】
    ソーシャルワークの展開過程には、問題発見・アウトリーチ、アセスメント、プランニング、援助の実施、モ
    ニタリング、評価・終結がある。その中でアセスメントは、問題状況にある利用者の問題を解決..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。