【評価A】精神疾患とその治療_設題2

閲覧数248
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    東京福祉大学通信心理学部でA判定をもらった「精神疾患とその治療_設題2」のレポートです。【設題2】 気分(感情)障害および神経症性障害について、それぞれの種類、症状、成因、治療、対応について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題2】 気分(感情)障害および神経症性障害について、それぞれの種類、症状、成因、
    治療、対応について述べよ。
    本レポートでは気分(感情)障害(うつ病、躁病、双極性障害)、および神経症性障害(不
    安障害、パニック障害、強迫性障害、PTSD、解離性障害、身体表現性障害)についてそれ
    ぞれの症状、成因、治療を中心にまとめる。
    1、気分障害
    気分障害は精神障害の一つで、感情が正常に機能しなくなった状態であり、うつ状態や躁
    状態が現れる。
    1-1、うつ病
    うつ病の症状には、抑うつ気分、興味や喜びの喪失、食欲の異常、不眠、易疲労性や気
    力の減退、無価値感や罪責感、精神運動制止、思考力や集中力の減退や決断困難、
    希死念慮などが挙げられる。患者の思考内容は全体的に悲観的であるが、中でも罪業妄想、
    貧困妄想、心気妄想という 3 つの訂正が困難な信念を抱くことが特徴である。
    原因に関して不明な点も多いが、強い持続的なストレスにさらされることで、セロトニ
    ンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きが悪くなり、うつ状態に陥るという仮説
    がある。誰しもうつ病になる可能性はあるが、生育環境に左..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。