【評価A】社会・集団・家族心理学(社会・集団)_設題2

閲覧数157
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    東京福祉大学通信心理学部でA判定をもらった「社会・集団・家族心理学(社会・集団)_設題2」のレポートです。【設題2】 集団間葛藤について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題2】 集団間葛藤について述べよ。
    本レポートでは、集団間葛藤が生じる理由を、現実葛藤理論や社会的アイデンティティ
    理論を基に説明するととともに、集団間葛藤の解消方法についても論ずる。
    1 、集団間葛藤とは
    集団間葛藤とは、集団間で相互に否定的な感情や認知を抱き、何らかの攻撃を行い合う
    状態のことをいう。内集団とは自らが所属している集団であり、外集団は自らが所属して
    いない集団である。こうした集団のメンバー間で発生する不和やいざこざは全て集団間葛
    藤であり、対面関係が基本となる小集団で起こる学級におけるいじめやスポーツのサポー
    ター同士の衝突から、国家や民族といった大規模な集団間で生じる民族紛争や戦争まで、
    至る所で集団間葛藤は発生している。集団間葛藤の解消は人間にとって非常に重要な課題
    の一つなのである。
    2 、集団間葛藤が生じる理由
    集団間葛藤が生じる理由の一つとして、内集団びいきが挙げられる。内集団びいきとは、
    内集団に対して特に協力的になる一方で、外集団を低く評価し非好意的に扱う傾向のこと
    である。内集団びいきが何故生じるのかを説明する原理として、現実葛藤理論と社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。