英文法 動名詞、現在分詞、不定詞、単純現在形と現在進行形の違い

閲覧数94
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    gerund とは動名詞のことであり、日本語では「〜すること」と訳される。形
    式は、動詞の原型+ing であり、名詞的性質と、目的語や補語をとったり、副詞
    を伴ったりする動詞的性質を併せ持つ。動名詞は述語動詞には用いられないので、
    普通の分詞の S+Vという形での主語は持たない。しかし、動名詞は動詞の性質
    を持っており、それが表す動作や状態の主語にあたるものがある。これが意味上
    の主語であり、動名詞の意味上の主語は所有格または目的格で表す。
    例:My parents are opposed to my studying abroad.(両親は私が留学することに反対
    している。)
    この場合の意味上の主語は私であり、もし my がない場合は「両親は留学一般に
    反対している。」という意味になる。
    present participleとは現在分詞のことであり、日本語では「〜している」と訳
    され、能動の意味を持つ。形式はこれも動詞の原型+ing だが、動名詞と異なる
    のは、動名詞が動詞と名詞の性質を持つのに対して、現在分詞は動詞と形容詞ま
    たは副詞の性質を持っている。名詞を修飾する前者を形..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。