学校教育職入門

閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【佛教大学】 2020年 「学校教育職入門」 合格済み レポート

    2020年度佛教大学通信課程 「学校教育課程論」の合格済みレポートです。


    佛教大学は罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。
    大変ですががんばりましょう!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育職入門
    知識基盤社会における「教師に求められる資質とは何か」についてまとめてください
    人にものを教えるものを教師とするのであれば昔から教師は存在していた。しかし、昔
    の教師は、他者に技術や知識を教えたり、人としての倫理などを伝える存在であった。し
    かし、現代の教師は一変し、「本物の教師」「学び続ける教師」とただ人に知識や物事を伝
    えるだけでよかった教師の時代は終わっている。今は知識基盤社会に求められる教師、ま
    た資質に適応できるかが求められている。
    知識基盤社会とは「21 世紀は、新しい知識・情報・技術が政治・経済・文化をはじめ社
    会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増す、いわゆる知識基盤社会の
    時代である」と定義されている。日本という国が国際化や少子高齢化など年々状況が変わ
    っていく中でその時代に適応し活躍できる人材を育成することが必要不可欠である。その
    ため、人に教える立場の教師は常に学び続けていかなくてはならない。 そのため求めら
    れる資質能力を明らかにしていく。教師を支えるためには「教職を高度専門職として捉え、
    基盤的な知識や技能、使命感、責任感、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。