学校教育課程論

閲覧数77
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【佛教大学】 2020年 「学校教育課程論」 合格済み レポート

    2020年度佛教大学通信課程 「学校教育課程論」の合格済みレポートです。


    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。
    大変ですががんばりましょう!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育課程論
    教育課程とは何かについて、我が国の戦後の小学校の教育課程の変遷、編成原理および今
    日的課題についてまとめてください。
    教育課程の基準となる概念は、「学校において編成する教育課程は、教育基本法や学校教
    育法をはじめとする教育課程に関する法令に従い、各教科、道徳、外国語活動、総合的な
    学習の時間及び特別活動についてそれらの目標や狙いを実現するよう教育の内容を学年に
    応じ、授業時数との関連において総合的に組織した各学校の教育計画である」(文部科学省
    小学校学習指導要領解説 総則編)と記されている。つまり、教育課程とは各学校におい
    て教育者間での共通した認識であるとともに、日本の学校現場で基盤である学習指導要領
    の基準に従いながら科目、内容に創意工夫を経て地域の生徒(児童、以下生徒と記)に応
    じた教材を選択し責任を持ち編成するものである。また学習指導要領に則り生徒の一人一
    人の人間性を育み協調性のとれた成長を促し、生徒の心身の発達や特徴を重んじ充分に考
    慮したうえでそこに適した指導を展開していく際の軸となるものである。
    上記に記したように教育課程の編成においては、各校に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。