中央大学法学部通信教育課程「慣習法の意義について適当な事例を取り上げて論じなさい」

閲覧数62
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程法学部の法学の課題で出されたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016/9/25
    2016/10/25
    【第3課題 慣習法

    意義
    について
    適当

    事例




    げて

    じなさい】
    1.慣習法

    定義
     慣習法
    の「
    慣習」
    とは、
    一定

    社会
    において、
    人々
    によって
    反復継続的


    われる
    行動
    様式
    のことであり、ある
    一定範囲

    社会


    ずるならわし、しきたりである。このうち、ある
    慣習
    がその


    定着
    し、
    法的拘束力


    するまでに

    められたものが
    慣習法
    である。
     慣習法

    成立要件
    は、①
    慣習

    存在
    すること、②
    慣習
    がその
    共同体

    構成員


    に、
    これによって
    相互

    行動関係

    規制
    し、
    紛争

    解決
    するという
    意識、
    すなわちその
    共同体
    によってこのような
    慣習


    であるという
    一般的信念


    じていること、③

    がこれを



    めること、である。
     わが

    では、
    慣習法

    法源性


    する
    原則的規定
    として
    適用


    する
    通則法第3条(以
    下、「通則法
    3
    条」
    という。)に「
    公序良俗

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。