教育心理学第一設題UP用

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2022年度提出したレポートです。ご参考にしていただければ幸いです。※丸写しは絶対におやめください


    教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明し、それらを踏まえて学年(あるいは校種)に応じた児童生徒への指導行動・コミュニケーションのとり方について考察しなさい。(3200字程度:2800~3600字厳守)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師の勢力資源とリーダーシップの捉え方と学年に応じた生徒への
    指導行動・コミュニケーションのあり方について
    本レポートでは、生徒の学級活動や各教科の授業において意欲的に取り組む環境を作り
    出すために、教師としてどのような点に留意して生徒に接するべきか、テキスト学習した
    ことを表題に沿ってまとめていきたいと思う。
    まず「教師の勢力資源」に関して述べていきたい。「教師の勢力資源」とは、児童が教師
    の指示や説明を意欲的に耳を傾けたりと、生徒を「やる気」にさせる理由のことを指す。
    主な勢力資源は下記の7点を挙げることができる。①「親近・受容」…親近感や被受容感
    に基づく勢力資源で、例えば生徒の名前を呼び、些細な変化に気付きコミュニケーション
    を取ろうとするような親しみやすさを指す。②「外見性」…教師の外見的容姿のポジティ
    ブな評価に基づく勢力資源で、例えば清潔感のある服装や身だしなみ、持ち物の整頓され
    た様子などから判断されるものである。③「正当性」…教師の行動を当然とすることに基
    づく勢力資源のことで、生徒はクラスの指導者である教師をお手本として見ており、お手
    本としてあるべき姿-例え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。