初等音楽教育法 (冬期)Aクラス_学習指導案(UP用)

閲覧数34
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2021年度冬期オンデマンドの講義時に提出したレポートです。ご参考にしていただければ幸いです。※丸写しは絶対におやめください

    第1学年 音楽科学習指導案
    1.題材名「拍にのってリズムをうとう」
    2.題材の目標
     歌、身体表現(拍手)、楽器を用いた表現(カスタネット)を通して拍の流れを感じ、簡単なリズム表現をすることができる…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1学年 音楽科学習指導案
    令和 年 月 日 校時
    場所 ○○小学校音楽室
    第1学年○組( 30 名)
    指導者 教諭
    1.題材名「拍にのってリズムをうとう」
    2.題材の目標
    歌、身体表現(拍手)、楽器を用いた表現(カスタネット)を通して拍の流れを感じ、簡単なリズ
    ム表現をすることができる
    3.教材名「ぶんぶんぶん」 村野四郎 日本語詞 / ボヘミア民謡
    4.題材について
    本題材のねらいは拍の流れを感じることと、簡単なリズム表現ができるようになることである。
    このねらいを達成するための教材として「ぶんぶんぶん」を選んだ。
    教材「ぶんぶんぶん」の授業で取り扱う最初の4小節のうち前半の2小節は4分音符、後半の2小
    節は8分音符で構成されているという特徴がある。よって拍の流れを感じながら、リズムの変化を
    感じることができる。また教材「ぶんぶんぶん」の最初の4小節のうち前半と後半でのリズムに違
    いがあるという特徴から、共通事項の「ア、音楽を特徴付けている要素」の「拍」「リズム」を身に
    付けることができる。
    歌や身体で表現することが好きな生徒が多い。また他教科ではあるが「国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。