法学部生さん累積訪問者(10,221名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:48件

  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 外国法概論 第1課題 A評価
  • 本レポートでは、判例法主義と先例拘束性の原理との関係について論じる。 (1) 判例法主義とは何か 判例法主義とは、制定法主義(成文法主義・法典法主義)に対する法体系であり、具体的事件における裁判所の判決に法的拘束力を認め、それを第一次的な法源とし、判例法を補完する...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(131)
  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 民法5 親族・相続 第1課題 A評価
  • 1 まず、被相続人の死亡に伴って発生する相続に際し、推定相続人が自己の固有財産を侵害されないようにする法的手段として、相続の承認・放棄の制度がある。 被相続人の権利義務は、相続開始と同時に相続人に承継されているが、相続開始による包括承継の効果をそのまま確定させる...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(104)
  • 2022年度 中大通教 中央大学通信教育部 商法(会社法) 第1課題 C評価
  • 本レポートでは、合名会社の設立手続規制は4箇条しかない(575~577・579条)のに対し、株式会社の設立手続規制は複雑である(25条~103条)理由について論じる。 1 (1)まず、「合名会社」とは、直接無限責任社員のみから構成される会社(576条2項、580条1項)である。合名会社にお...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(114)
  • 2022年度 中大通教 中央大学通信教育部 商法(会社法) 第3課題 B評価
  • 1 (1)まず、A株式会社の株主総会の招集通知を受け取った株主Bは、他の株主(株主C)に招集通知をしなかったという招集手続上の違法を主張して、A社に対し株主総会決議の取消しの訴えを提起する手段を採ることが考えられる。 (2)そこで、他の株主に対する招集手続の瑕疵(招集通知(会...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(102)
  • 中央大学法学部通信教育課程 中大通教2021年度刑法各論 第1課題 B評価
  • Xの約1年半にわたり、自宅から隣家に居住するAに向けて、連日連夜にわたり、ラジオの音声や目覚まし時計のアラーム音を大音量で鳴らし続けたという行為に傷害罪(204条)が成立しないかが問題となる。 1 まず、Xは直接有形力を行使してAに傷害を負わせたわけではないことから、Aが...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(196)
  • 中央大学法学部通信教育課程 中大通教2020年度刑法総論 第4課題 D評価
  • 1 Aが、通行人Xに暴行を加え、その犯行を抑圧した行為について、強盗罪(236条1項)が成立するか。 (1) そもそも、強盗罪の成立要件は、①「暴行や脅迫」により、②「人の財物を奪う」ことである。 (2) 本件についてみると、まず、Xに対しての暴行は、①Xの犯行を抑圧する程度の「暴...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(126)
  • 中央大学法学部通信教育課程 中大通教2020年度刑法総論 第三課題 D評価
  • 1.まず、AのBに対する行為に、殺人未遂罪が成立するか。 ①Aの銃を発砲するという行為は、人の生命を保護する法益を侵害する現実的危険性を有している。 そして、Aは殺人の故意をもってBに向けて発砲したが、死亡しておらず傷害にとどまっており、②199条の定める「人を殺」すと...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(147)
  • 中央大学通信教育 民法3 第4課題2021年 D評価
  • AがBに金銭債権を有している。BがCに金銭債権を有している。Aが、債権回収のために、Bの債権を利用したいと考えるとき、利用を考えることができる制度を2つ挙げ、それらを比較せよ 1 まず、AがBの債権を利用するために、債権回収のために利用を考える事が出来る制度の一つ...
  • 550 販売中 2023/02/15
  • 閲覧(547)
  • 中央大学通信教育 民法3 第3課題2021年 D評価
  • 詐害行為取消権と債権者代位権は、共通する趣旨を有するが、別個の法制度である。両者の共通する趣旨を説明した上で、両者の行使方法および要件について、相互に比較をしながら説明せよ 詐害行為取消権と債権者代位権は、両者とも「責任財産を保全すること」という趣旨を有する。...
  • 550 販売中 2023/02/15
  • 閲覧(489)
  • 中央大学通信教育 民法3 第2課題2021年 C評価
  • ①離婚請求権も423条に基づき代位行使ができる。 債権者代位権の客体にならない権利として、民法423条1項但書は、債務者の一身専属権及び差押えを禁じられた権利が債権者代位権の客体にならないことを明文で規定している。「一身専属権」とは、ここでは行使上の一身専属権であ...
  • 550 販売中 2023/02/15
  • 閲覧(515)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?