文副詞の話者指向と主語指向について

閲覧数3,507
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

     副詞のなかに文副詞というものがある。文副詞とはその文字から推測できるように文全体を修飾する副詞である。よく例に取り上げられるのがprobablyであるが、このprobablyが文中のどのあたりに生起するのか見てみると、文全体を修飾しているということもあり、その典型的な生起位置は文頭である。
    a.Probably she won’t come here.
    b.*She won’t come here probably.
    だが気をつけなければならないのが、文副詞はその前にコンマを置く以外は文末に持ってきてはいけないことだ。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     副詞のなかに文副詞というものがある。文副詞とはその文字から推測できるように文全体を修飾する副詞である。よく例に取り上げられるのがprobablyであるが、このprobablyが文中のどのあたりに生起するのか見てみると、文全体を修飾しているということもあり、その典型的な生起位置は文頭である。
    Probably she won’t come here.
    *She won’t come here probably.
    だが気をつけなければならないのが、文副詞はその前にコンマを置く以外は文末に持ってきてはいけないことだ。本稿では文副詞における話者指向副詞と主語指向副詞における問題点について述べていき、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。