科学と生命の歴史

閲覧数1,057
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    私がこのテーマを選んだ理由は、やはり命にかかわることだからこそ考えることもたくさんあるのではないか??と考えたからです。生命というものはだれもが生まれてきてから「死」に向かって生きてきています。そうした矛盾の中で、だれもが「死」をおそれ、そしてなくしたいと願ってきていました。しかし今の科学ではそれは不可能で、もちろん昔も不可能でした。しかし私は永遠に続いてしまう命などいらないと考えます。もちろん死ぬのは怖いし、今そんなことは考えることが出来ません。しかしいつかは死を身近に感じ恐れるときが来ます。このテーマでは「フランケンシュタイン」の映画を授業で見ました。一度死んでしまった人をよみがえらせるその映画は現実にはありえなく、しかしだれもが一度は考えることでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「科学と生命の歴史」
    私がこのテーマを選んだ理由は、やはり命にかかわることだからこそ考えることもたくさんあるのではないか??と考えたからです。生命というものはだれもが生まれてきてから「死」に向かって生きてきています。そうした矛盾の中で、だれもが「死」をおそれ、そしてなくしたいと願ってきていました。しかし今の科学ではそれは不可能で、もちろん昔も不可能でした。しかし私は永遠に続いてしまう命などいらないと考えます。もちろん死ぬのは怖いし、今そんなことは考えることが出来ません。しかしいつかは死を身近に感じ恐れるときが来ます。このテーマでは「フランケンシュタイン」の映画を授業で見ました。一度死んでしまっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。