子どもの心を知ることについて

閲覧数2,150
ダウンロード数20
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    評価A

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの心を知ることについて」
    子どもの心を理解し知ることの重要性

     乳幼児期というのは、子どもたちが生涯にわたって自分らしく生きていくための基礎を形成する最も大切な時期である。

    そして現代は、早い時期から保育所などに預けられ長時間を保育所などで過ごすようになったことから、保育者もこのことを理解し、子どもの養育者(保護者)にも伝えていく役割があるといえる。

     子どもは養育者や保育者との愛着関係を基盤に様々な事象にふれ、いろいろなものへの関心や人間関係を広げていくのである。保育者はこうした育ちの過程において子どもたちが自発的に、かつ能動的に環境と関わりながら生活することを支援してすることが大切であり、それぞれの行動を見つめ、子どもの内面を読み取ろうとする意識が必要なのでありそこから、それぞれに対して適切な援助が行えるようになるのである。

    子どもの心を知る(理解する)視点

     臨床心理学的視点は実際の保育現場でも役に立つ場面は多い。臨床心理学的視点とは、子どもの心を理解して、それに寄り添いながら子ども自身が自分で歩んでゆくのを援助するという見方のことである。また、臨床心理学的では...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。