金銭消費貸借契約証書(連帯保証2名)

閲覧数3,980
ダウンロード数9
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    連帯保証人を付けた金銭消費貸借契約書です。基本的事項のみ記載しています。

    資料の原本内容

    金銭消費貸借契約証書
                              平成  年  月  日
    債権者(甲)
    (本 店) 
    (商 号) 
    (代表者)                    印
    債務者(乙)
    (本 店) 
    (商 号) 
    (代表者)                    印
    連帯保証人(丙)
    (住 所)                  
    (氏 名)                    印
    連帯保証人(丁)
    (住 所)                  
    (氏 名)                    印
     債権者○○○○株式会社を甲、債務者●●●●株式会社を乙、乙の連帯保証人●○    を丙、同○○    を丁として、本日、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。
    第1条  甲は、乙に対し、次の通り金銭を貸付け、乙はこれを受領した。
    ①【借入金額】   金         円也
    ②【弁済期日】   平成  年  月  日
    ③【弁済方法】                             
    ④【利  息】   年   %
    ⑤【利息支払方法】                           
    ⑥【遅延損害金】  年   %
    乙は、次の場合には、甲からの通知催告がなくても当然に期限の利益を失い、
    直ちに債務を弁済するものとする。
    支払の停止または破産、民事再生、会社更生手続開始、会社整理開始もしくは特別清算開始の申立があったとき。
    手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
    乙または丙もしくは丁の他の債務について仮差押、保全差押または差押の命令、通知が発送されたとき。
    ④ その他この契約に違反したとき。
    連帯保証人丙および丁は、乙がこの契約によって負担する一切の債務について、
    乙と連帯して保証し、乙と連帯して履行の責を負う。
     以上、本契約成立の証として、本書2通を作成し、甲及び乙が各1通を保有する。
    以 上

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。