児童生徒の心の荒廃やストレスなどによる学校内でのいじめが大きな社会問題となっている

閲覧数1,612
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童生徒の心の荒廃やストレスなどによる学校内でのいじめが大きな社会問題となっている。このことについて、学校や家庭等における効果的な対策を予防と指導の両面から述べよ。」
     現在の学校現場は様々な問題を抱えている。不登校やいじめ、校内暴力などの日常的な面での問題、また学力低下や指導力不足などの学力面での問題など学校単独では指導や改善の限界を感じ始めている時もある。また学校での問題というものは常々マスコミを騒がせ、モンスターペアレンツや学級崩壊という言葉紙面を騒がせている。では何故様々な問題がおきてしまうのか。これには学校側の問題と家庭側の問題それぞれがあげられる。

    ①学校側の問題 今日の日本において今もなお学歴社会のなごりは残っており、そこに対する学力への要望はもちろんのこと、それ以外の面においても保護者からの期待や要望は増えてきている。しかし教師側においても服務や校内分掌において多くの時間をさき多忙となっている。そんな状況下で子どもと向き合う時間が減ってしまっている事実も無視はできない。また一部の保護者や特別支援の必要な児童への対応を加える事で教師自身にも大きな負担を抱えるようになっ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。