レーモン・ルーセルの言語1

閲覧数1,081
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「レーモン・ルーセルの言語」     

     私は本講義において一九世紀フランスの作家レーモン・ルーセル(Raymond Roussel)の『アフリカの印象』『ロクス・ソルス』を発表した。この作家を選択した理由は、ルーセルという作家は先生が第二回の講義でミシェル・フーコーと蓮見重彦を取り上げて論じられた、一九世紀半ばに起こった言語意識の変容により「皆が知っていることを皆が知っているように語るようになるということと関係しているのではないかと思ったからだった。具体的にいうと、言語の「物語」化をいち早く指摘していたミシェル・フーコーがレーモン・ルーセルの実験的な手法を評価していたことから、「物語」化する言語に抵抗する方法がそこにあるように思ったからだった。ルーセルを論じるにあたりまずは彼の生い立ち、主な著作について概略を述べ、次にルーセルの主要な作品『アフリカの印象』『ロクス・ソルス』等についてルーセルの実験的手法を紹介していきたい。レーモン・ルーセルは一八七七年一月二十日 パリに資産家の息子として生まれ派手の中で幼少期を過ごす。一八九〇年十三歳の時にパリ国立高...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。