美術概論Ⅰ 科目最終試験 2010年新設題(4)

閲覧数1,580
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2010年から教科書が変わり、新設題になっています。試験勉強の参考にしてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4、平成20年版学習指導要領の「改訂の要点」について論述すること。その際3つ以上の「要点」を具体的にとりあげ、それぞれについて説明すること。
    新しく、感性を働かせながら、という文言が取り入れられた。
    「感性」とは創造性を育むものであり、自分なりに漢字考えることである。習得には方向性がある知識や技能に対し、感性は「自分なりに」という要素が大きい。これまでも感性については、基本理念としてきたが今回の改訂ではより一層重視されている。文言にあるように能動的に感性を働かせることによって感じ取り、もののよさを感じる能力を育てる。友達と作品を相互鑑賞して自他の表現を比較することで感性を働かせる。作者を意識す...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。