国際協力とのかかわり

閲覧数772
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    1.国際協力とのかかわり
     私は高校2年生のときフィリピンのバターンへ行きました。そこでストリートチルドレンの施設へ行ったのですが、子どもたちは狭い教室で前の子の背中を机の代わりにして勉強していました。私は授業中寝ていることだってあったし、宿題をやっていかない日もありました。しかしその姿を見て自分が恥ずかしくなりました。一番仲良くなった子がノエミちゃんというのですが、6歳と聞いて驚きました。手足はがりがりでやせ細り、日本で言う小学生のようにはとても見えませんでした。その子たちのために何かできないか・・・と考えたことがきっかけです。もともと教師を目指していたので数学を一緒に勉強したいと思ったのですが、具体的に何をすればいいのかわからないまま大学へ進学しました。そして大学3年生のとき、現在ウガンダで理数科教師をしている先輩からJICAのHPを紹介され、具体的に国際社会と関わっていきたいと思うようになりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際協力とのかかわり
    私は高校2年生のときフィリピンのバターンへ行きました。そこでストリートチルドレンの施設へ行ったのですが、子どもたちは狭い教室で前の子の背中を机の代わりにして勉強していました。私は授業中寝ていることだってあったし、宿題をやっていかない日もありました。しかしその姿を見て自分が恥ずかしくなりました。一番仲良くなった子がノエミちゃんというのですが、6歳と聞いて驚きました。手足はがりがりでやせ細り、日本で言う小学生のようにはとても見えませんでした。その子たちのために何かできないか・・・と考えたことがきっかけです。もともと教師を目指していたので数学を一緒に勉強したいと思ったのですが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。