社会福祉援助技術 ケースワーク(バリスティック)の原則について

閲覧数1,024
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ケースワークを適切に行うために最も重要なことは、ケースワーカーとクライエントの信頼関係である。ケースワークの原則とは、その信頼関係を築くためにケースワーカーのとるべき基本的姿勢である。
    まず、一つ目に「個別化の原則」である。ワーカーはクライエントの特徴や個性を理解し尊重することである。ワーカーはクライエント一人ひとりが異なることを理解し、それぞれの個人の必要に応じた援助をする必要がある。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術
    2.ケースワークの原則について述べてください。
    ケースワークを適切に行うために最も重要なことは、ケースワーカーとクライエントの信頼関係である。ケースワークの原則とは、その信頼関係を築くためにケースワーカーのとるべき基本的姿勢である。
    まず、一つ目に「個別化の原則」である。ワーカーはクライエントの特徴や個性を理解し尊重することである。ワーカーはクライエント一人ひとりが異なることを理解し、それぞれの個人の必要に応じた援助をする必要がある。
     次に、「意図的な感情表出」である。クライエントが感情の表出をとどめることなく、プラス・マイナスどちらの感情の表出も促す。クライエントが心から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。