課題文献「子どもの虐待」を読んでの考察

閲覧数2,028
ダウンロード数9
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

     虐待された子どもがみせる問題行動や性格傾向が愛着障害や、試し行動など、今まで知っていたこと以外にも詳しく載っていてそれが虐待環境への健康的な適応の結果起こることや、虐待されている環境から救い出して親から引き離すということが、子どもにとってはとうとう親から見捨てられたことになってしまい深く傷ついてしまうことがあるので、危険があるからといって一概に親子分離すればいいというわけではないなど対応の仕方について考えさせられた。また子どものことだけではなく親が治療者に対してリミット・テイスティングがあるという部分が興味深かった。虐待傾向を示す親が幼少期に自分自身虐待されて育ってきていることがあるのは知っていたが、そういう経験をしてきた人が治療者に対して猜疑心を抱いたり、まるで子どもの試し行動そのもののように、その欲求が治療者を圧倒してしまうほど過剰になってしまうことがあるのには驚いた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    虐待された子どもがみせる問題行動や性格傾向が愛着障害や、試し行動など、今まで知っていたこと以外にも詳しく載っていてそれが虐待環境への健康的な適応の結果起こることや、虐待されている環境から救い出して親から引き離すということが、子どもにとってはとうとう親から見捨てられたことになってしまい深く傷ついてしまうことがあるので、危険があるからといって一概に親子分離すればいいというわけではないなど対応の仕方について考えさせられた。また子どものことだけではなく親が治療者に対してリミット・テイスティングがあるという部分が興味深かった。虐待傾向を示す親が幼少期に自分自身虐待されて育ってきていることがあるのは知って..

    コメント2件

    みん 購入
    とても参考になりました。
    2006/11/24 0:30 (14年前)

    tomohito1211 購入
    参考になりました
    2007/01/22 14:11 (13年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。