法学(憲法を含む) 差別の禁止について具体例を挙げて説明する.

閲覧数1,497
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2009/06/03 11:44
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    法学(憲法を含む) 差別の禁止について具体例を挙げて説明する

    今日、世界的に見て「すべての人間は、生まれながらに平等である」という思想が各国で広まりつつ~
    アメリカの独立宣言後に、日本でもこの思想で最も重要である平等について議論がなされ~
    その結果が現在でも日本国憲法の14条で示されていることでもわかるように~
    この14条とは、「すべての国民は法の元に平等である」と定めているものである。また憲法14条の他にも、24条の家族家族の権利や26条における、教育の権利、憲法44条の選挙権でも「平等」について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学(憲法を含む) 差別の禁止について具体例を挙げて説明する 今日、世界的に見て「すべての人間は、生まれながらに平等である」という思想が各国で広まりつつある。この思想は、アメリカの独立宣言で掲げられたものである。アメリカの独立宣言後に、日本でもこの思想で最も重要である平等について議論がなされた。その結果が現在でも日本国憲法の14条で示されていることでもわかるように大きなもの、国の一部の一つとして残っている。この14条とは、「すべての国民は法の元に平等である」と定めているものである。また憲法14条の他にも、24条の家族家族の権利や26条における、教育の権利、憲法44条の選挙権でも「平等」について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。