労働法について

閲覧数1,058
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

     従来の自分の価値観であったならば、社会人という立場で仕事に従事しているという前提があるならば、それに対応する賃金はどんな立場でも同じになるという認識が暗黙の了解として自分の中にあった。だが大学に入学しバイトをするようになって、正社員の人との立場の違いを理解するようになった。同じ仕事をしているが責任感というものが異なっているように感じている。仕事に対する姿勢は変わらないと自覚しているが、やはり何か違うというものを感じている。そこで労働法について考えてみた。
     まず問題となっている点について順次自分の考えを述べていく。最初に臨時従業員制度について。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労働法について
     従来の自分の価値観であったならば、社会人という立場で仕事に従事しているという前提があるならば、それに対応する賃金はどんな立場でも同じになるという認識が暗黙の了解として自分の中にあった。だが大学に入学しバイトをするようになって、正社員の人との立場の違いを理解するようになった。同じ仕事をしているが責任感というものが異なっているように感じている。仕事に対する姿勢は変わらないと自覚しているが、やはり何か違うというものを感じている。そこで労働法について考えてみた。
     まず問題となっている点について順次自分の考えを述べていく。最初に臨時従業員制度について。原告は制度の形骸化や労働組合の弱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。