流速測定とピトー管

閲覧数6,139
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    流速測定とピトー管
    1. 概要
    ピトー管を使用して、すなわち、全圧と静圧を測定し、流速を測定する原理をまとめる。
    2. 流速測定の原理
    一つの流線上に任意の 2 点をとり、それぞれの点における圧力をp1, p2, 速度をυ1, υ2, と
    し、空気の密度をρ, 重力加速度を

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    流速測定とピトー管
    1. 概要
    ピトー管を使用して、すなわち、全圧と静圧を測定し、流速を測定する原理をまとめる。
    2. 流速測定の原理
    一つの流線上に任意の 2 点をとり、それぞれの点における圧力をp1 , p2 , 速度をυ1 , υ2 , と
    し、空気の密度をρ, 重力加速度を𝑔とすれば、式 1 の関係が成り立ち、ベルヌーイの定理と
    呼ぶ。ここで、zは鉛直方向座標である。
    ρυ12
    ρυ22
    + p1 + z1 𝑔 =
    + p2 + z2 𝑔
    2
    2

    (1)

    ただし、流線が水平なとき、あるいは空気のように密度が小さい場合は、重力の影響を
    無視することができる。
    ここで、一端が閉じ、他端...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。