供物を通して見えてくるもの

閲覧数406
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2008/01/08 16:31
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    供物を通して見えてくるもの
    バリという名前は、かつては供物のことを意味していたという。バリ島の供物は、私たちの想像をはるかに超えて煩雑なものなのである。儀礼の度ごとに、簡略化されることもなく反復されている。供物製作の担い手である女性たちは緻密な計算とこまかな作業に多くの時間と労力を費やす。バリにおける儀礼とは、人が神を招いて会食することであり、出される料理が供物だとかつて言われたことがある。しかし、バリ人は儀礼から逃れることはできないし、必ず煩雑な料理を用意しなくてはならない。供物を作り、捧げることこそが、バリで生きることの意味なのかもしれない。
    バリの女性たちは、忙しい日常の仕事に加えて供物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。