浮遊性有孔虫群集と表層水塊の関係に基づく過去2万7千年間の下北沖の古環境変動復元(特集西太平洋におけるIMAGESコアを用いた高時間解像度の環境復元)

閲覧数1,485
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 10ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    収録誌

    化石
    Fossils.
    No.79(20060328) pp. 33-42
    日本古生物学会 ISSN:00229202
    書誌情報

    浮遊性有孔虫群集と表層水塊の関係に基づく過去2万7千年間の下北沖の古環境変動復元(<特集>西太平洋におけるIMAGESコアを用いた高時間解像度の環境復元)
    Reconstruction of paleoceanographic changes based on the relationship between planktonic foraminiferal assemblages and water masses off Shimokita over the last 27,000 years

    黒柳 あずみ 1 川幡 穂高 2 大串 健一 3
    Kuroyanagi Azumi 1 Kawahata Hodaka 2 Ohkushi Ken'ichi 3

    1独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門 2東京大学海洋研究所:独立行政法人産業技術総合研究所:東北大学大学院理学研究科 3独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門
    1Geological Survey of Japan, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) 2Ocean Research Institute, University of Tokyo:Geological Survey of Japan, Natural Institute of Advanced Industrial Science and Technology:Graduate School of Science, Tohoku University 3Geological Survey of Japan, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)

    キーワード Planktonic foraminifera fossil assemblage water mass factor analysis IMAGES core

    資料提供先:
    http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN00041606/ISS0000345434_jp.html

    タグ

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。