日大通信 観光事業論 課題1 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数154
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業論(科目コードS32000)課題1

     日本におけるインバウンド振興と観光事業について論述しなさい。

    〈ポイント〉
     コロナ禍で日本のインバウンドは打撃を受けたものの、少子高齢化に伴う人口減少による経済縮小を訪日外国人による交流人口拡大で補う必要があることに変わりはない。アフターコロナを見据えた日本がインバウンドを復活させるには何が必要か。観光消費を拡大させ経済効果を向上へとつなげていくためには、日本の政府や地域による観光政策や、公的および私的な観光事業による積極的な取り組みが期待されている。
    〈キーワード〉インバウンド振興、アフターコロナ、地域ブランディング
    ________________________________________________________________________________

    日本国内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された2020年1月15日以降、いわゆる「コロナ禍」における水際対策などで、日本のインバウンドは大きな打撃を受けた。今後、インバウンドを復活、維持、そして拡大させるために、どのような施策が必要となるだろうか。本稿...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。