【2023】明星 PD2050国文学2単位目合格レポート

閲覧数195
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学【国文学】2単位目の合格レポートです。 優評価を得たものです。
    内容は参考までにお願いします。

    以下対象年度・課題
    2012年度~(PD2050)

    【課題】
    学習要点事項4、5、6、8、9、10、11、12の中から一作品を選んで、現代語訳し、その感想を述べて下さい。その際、当該作品の全体像や文学史的背景を簡潔に説明すること。
    ■科目の学習要点事項

     4.『土佐日記』(門出)を読み解く。
     5.『徒然草』(花は盛りに)を読み解く。
     6.『方丈記』(ゆく河の流れ)を読み解く。
     8.『万葉集』を読み解く。
     9.『古今和歌集』を読み解く。
     10.『新古今和歌集』を読み解く。
     11.『奥の細道』(序)を読み解く。
     12.『奥の細道』(平泉)を読み解く。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    学習要点事項4、5、6、8、9、10、11、12の中から一作品を選んで、現代語訳し、その感想を述べて下さい。
    その際、当該作品の全体像や文学史的背景を簡潔に説明すること。

    今回は『徒然草』(花は盛りに)を読み解くこととする。以下、現代語訳である。

    花は満開のときばかり、月は曇りがない時ばかり見るものか、いやそうではない。雨に向かって月を恋しく思い、簾の垂れた中に引きこもって春が過ぎゆくのを知らないのも、やはりしみじみとして趣深い。咲きそうな梢や、散りしおれている庭などこそ、見所が多い。歌の詞書にも、「花見に参ったが、すでに散ってしまっていたので。」とも「さしつかえることがあり、参りませんで。」などとも書いてあるのは、「花を見て。」と言っているのに劣っているのか、いやない。花が散り、月が傾くのを恋い慕うならわしはもっともなことであるが、とくに教養がなく無風流な人が、「この枝も、あの枝も散っているから今は見所がない。」などと言うようだ。
    あらゆることも、最初と最後こそが趣深いものだ。男女の恋情も、ただ会うことだけを言うものだろうか、いやそうではない。会うことなく終わったつらさ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。