令和5〜6年度 経済学史課題1 合格リポート

閲覧数339
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    アダム・スミス(Adam Smith)の『国富論』に従って,スミスの経済学説の要点を, 以下の5項目にそって説明しなさい。
    1 富およびその源泉
    2 分業
    3 価値尺度としての労働
    4 2つの労働価値説
    5 自然価格と市場価格の関係

    〈ポイント〉
    スミスの経済学説の要点を,「課題」で提示された5項目にそって説明すること。
    〈キーワード〉
    労働,分業,投下労働価値説,支配労働価値説,中心価格
    〈参考文献〉
    『コア・テキスト 経済学史』井上義 著(新世社 2004) 『経済思想-その歴史的視点から-』長峰章 編著(学文社 2015) 『はじめての人のための経済学史』江頭進 著(2015)

    丸写しを避け、あくまで参考程度としてご利用ください。また、合格を保証するものでもないため、トラブル等は一切責任を負いかねます。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済学史 課題1

    アダム・スミス(AdamSmith)の『国富論』に従って,スミスの経済学説の要点を,以下の5項目にそって説明しなさい。
    1富およびその源泉
    2分業
    3価値尺度としての労働
    42つの労働価値説
    5自然価格と市場価格の関係

    〈ポイント〉
    スミスの経済学説の要点を,「課題」で提示された5項目にそって説明すること。
    〈キーワード〉
    労働,分業,投下労働価値説,支配労働価値説,中心価格
    〈参考文献〉
    『コア・テキスト経済学史』井上義著(新世社2004)『経済思想-その歴史的視点から-』
    長峰章編著(学文社2015)『はじめての人のための経済学史』江頭進著(2015)

    〈本文〉

     アダム・スミスは、「諸国民の富の性質及び原因に関する研究」という題で「国富論」を著した。本リポートでは、アダム・スミスの経済学説の要点をいくつかの項目に分けて述べていく。
     アダム・スミスは、富およびその源泉について、富の真の源泉は労働にあるとした。スミスは、重商主義を否定し、さらに重農主義を進め、富の源泉となるのは農業や商工業であるとしたが、ただしその国府の本質は「年々消費される必...

    コメント1件

    通信生 販売
    〈訂正〉
    7行目 国府×→国富⚪︎
    01/22 8:21 (4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。