環太平洋大学  通信教育学部 2021年度 D4006  英米文学 第1課題 合格レポート

閲覧数285
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    環太平洋大学 通信教育課程 D4006  第1課題 合格レポートです。 
    あくまで参考資料として活用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私が選んだ作品はJ.D.サリンジャー(J.D.Salinger 1919-2010)の『ライ麦畑でつかまえて』(“The Catcher In The Rye”1951)である。70年も前に出版されたこの本は、いまだに若者の心をつかんで離さない。累計6,500万部、そして今も毎年25万部ずつ売れているこの本の最大の魅力は、主人公の視点から物語が語られる1人称小説だということだと思う。“I”って本当は誰なんだろう、“you”って誰に向かって話しているのだろう。この問いにはいくつもの解釈があり、このことが読者一人一人の心にそれぞれの物語が焼き付いて離れない理由だろう。私には、この“I”も“you”もサリンジャー自身のことを指していると思えた。この作品に対する私の解釈は、心に傷を負ったサリンジャーが、初めて自らと向き合い、この先どのようにして傷を癒し生きていくべきなのか自問自答した話だというものである。
    この本は、ホールデンという主人公の16歳の少年が、クリスマス休暇を前にして名門の私立高校から放校処分を言い渡され、ニューヨークの両親の家にも帰らず3日間にわたってマンハッタンを放浪する話であ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。