骨髄炎

閲覧数203
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    骨髄炎
    骨髄炎こつずいえんは、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ
    球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄炎ともいわれる。急性と慢性に分
    かれる。
    骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。
    骨の外傷開放性骨折、複雑骨折、粉砕骨折、外科手術、骨髄穿刺、銃による外傷等などによっ
    て、細菌が骨髄に入って増殖して炎症を起こす場合や、血流に乗って細菌が骨髄に達して増殖血
    行性感染して骨髄炎となる場合がある。
    そのほか、局所の血行障害糖尿病、褥瘡によって生じる皮膚の潰瘍では、バリアーである皮膚
    が破壊されて骨への感染が起こる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。