急性アルコール中毒

閲覧数361
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容

    急性アルコール中毒
    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol
    intoxication)は、短時間に多量のエタノール(アルコール)を摂取することによって生じる中毒
    (オーバードーズ)である。

    急性アルコール中毒になると、意識レベルが低下し、嘔吐、呼吸状態が悪化するなど危険な状態に
    陥る。血中アルコール濃度の上昇に伴う呼吸・循環中枢の抑制、あるいは吐物による窒息で死亡す
    る場合もある。また、足元のふらつきなどによって転倒する、電車や車に轢かれる、水場で溺れる
    、朦朧状態での言動によってトラブルに巻き込まれるなどの危険性も高まる。

    かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあ
    るが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項
    を参照。

    なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1,400mg/kgに設定されている。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。