アルコール離脱症候群

閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    アルコール離脱症候群
    アルコール離脱症候群アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal
    syndromeは過剰なアルコール摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより
    発症する。一般的な症状は主に不安感、震え、発汗、嘔吐、頻脈、微熱である。さらに重い症状に

    てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄(DTs)がある。通常、最後のアルコール摂取から6時間後位
    より症状が出始め、24-72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する。
    アルコール離脱はアルコールに依存している人に起こる。計画的または非計画的な禁酒や減酒によ
    って起こる。その根本的なメカニ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。