地域包括支援センターでの社会福祉士の役割について(参考文献入り)

閲覧数938
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域包括支援センターでの社会福祉士の役割について
    地域包括支援センターには、包括的支援事業として「介護予防ケアマンジメント」「総合相談支援業務」「権利擁護業務」「ケアマンジメント支援」「地域ケア会議の充実」などを住民、専門職、行政からの相談対応、高齢者虐待への対応と予防啓発、親族の支援が得られない認知症高齢者等の権利擁護が必要な高齢者に対する成年高精度利用支援、地域住民への啓発、個別支援で把握される問題課題を個別、地域、市域等重層的な会議体で課題抽出、施策形成等を地域ケア会議として行うなどの役割があり、保健師(もしくは経験豊富な看護師)や社会福祉士、主任ケアマネージャーが配置されている。また...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。