冬の日 (小説)

閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    冬の日 (小説)
    『冬の日』ふゆのひは、梶井基次郎の短編小説。6章の断片的挿話から成る。結核の病状が顕
    著となり、血痰が長く続き始めた時期の焦燥と絶望感を、真冬に移り変わる季節の風景と共に描い
    た心象的作品である。タイトルは執筆当時に愛読していた松尾芭蕉の『芭蕉七部集』の一集『冬の
    日』から取られた。
    自らの宿命を見据え、その闇からあえて自覚的に自己の崩壊を描くことで冷静な作家の眼を会得し
    ようとしていた転換点的な意味を持つ作品で、基次郎の代表作の中でもとりわけ文学的評価が高く
    、一つの頂点をなすものとして位置づけられている。
    出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia』

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。