【A評価】関係行政論(東京福祉大学) 「心理に関する支援における法律と倫理の関係性について、秘密の保持の伴う倫理的葛藤ー

閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 10ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    東京福祉大学心理学部通信課程の「関係行政論」のレポートです。
    A判定と「安定感のある記述内容でとても厚みがある内容。学問的な整理もしっかりしていて、例の挙げ方も素晴らしい。文献レビューもよくされている」という所見を採点者よりいただきました。参考になれば幸いです。
    設題:心理に関する支援における法律と倫理の関係性について、秘密の保持の伴う倫理的葛藤を踏まえて、具体的な事例を まじえながら述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 心 理 に 関 す る 支 援 に お け る 法 律 と 倫 理 の 関 係
    性 に つ い て 、 秘 密 の 保 持 の 伴 う 倫 理 的 葛 藤 を 踏
    ま え て 、 具 体 的 な 事 例 を
    ま じ え な が ら 述 べ よ 。 」
    心 の ケ ア に あ た る 心 理 職 は 、 法 律 上 の 義 務 や
    職 業 倫 理 な ど い く つ か の 社 会 的 規 範 の 遵 守 が 求
    め ら れ る 。 心 理 職 は 自 身 の 活 動 す べ て に つ い て 、
    ど の よ う な 法 的 義 務 と 倫 理 的 要 請 に 基 づ い て い
    る か を 明 確 に 説 明 で き る こ と が 専 門 性 を 確 立 す
    る た め に は 必 要 で あ る ( 島 井 ,
    2 0 1 6
    ) と い う 記
    述 を 踏 ま え る と 、 心 理 職 の 専 門 性 に は 学 問 的 な
    知 識 や 技 術 だ け で な く 、 法 律 や 職 業 倫 理 の 理 解
    と そ れ ら に 根 ざ し た 行 動 も 含 ま れ る ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。