教育心理学試験

閲覧数169
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2022年度提出したレポートです。A判定をいただきました。ご参考にしていただければ幸いです。※丸写しは絶対におやめください

    学習・記憶に際しての情報処理の様々な方略を紹介し、それにもとづいて教室学習を効果的に行なうための情報処理の工夫について提案しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習・記憶に際しての情報処理の様々な方略を紹介し、それにもとづいて教室学習を効果
    的に行なうための情報処理の工夫について提案しなさい。
    学習・記憶に際しての情報処理と様々な方略について、以下指定テキストを参考にまとめ
    てゆく。
    1一般的な学習・記憶方略
    1-1.リハーサル
    リハーサルとは、覚えなければいけない情報を何度も繰り返すことである。7歳ごろから
    自発的にこの「リハーサル」を自発的に使うようになるのだが、これは学校教育において
    情報を記憶する経験を重ねることが影響しているとされている。この方略は発達とともに
    その質も向上し、効率よく情報を記憶・保持できるようになる。小学校低学年では一つず
    つリハーサルをし覚えていく様子が見られるが、高学年では一つ前に覚えたものとを併せ
    て累積的にリハーサルをし、忘れる可能性を減らす工夫がみられるようになる。
    1-2.イメージ方略
    鮮明なイメージを描くことにより記憶成績を高めるというもので、「画像優位効果」という
    言葉があるように、一般に絵はイメージを喚起しやすく、言葉よりも記憶成績が良いこと
    が多い。Paivio (1971)の二重符..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。