福祉サービス提供に伴う苦情対応とリスクマネジメントの必要性について、あなたの体験をふまえつつ述べよ。

閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校の講義「福祉サービスの組織と経営」の
    課題レポート「福祉サービス提供に伴う苦情対応とリスクマネジメントの必要性について、あなたの体験をふまえつつ述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士養成校 福祉サービスの組織と経営
    課題「福祉サービス提供に伴う苦情対応とリスクマネジメント
    の必要性について、あなたの体験をふまえつつ述べよ。」
    福祉の社会は、介護保険施行前は制度としての福祉であり、
    措置として一方的に行政から与えられており、本人の意志によ
    り選択することは出来ず、押しつけに近い状態であった。しか
    し介護保険が施行されてからは、福祉はサービスであり、契約
    として本人や家族がサービス内容や事業所を選べる時代となっ
    た。福祉は産業となり、対人サービスとして確立された。
    福祉サービスを提供し対価とするサービス業である以上、接
    遇は重要なファクターである。一般に商店などで商品を購入す
    るという時に同じ値段の商品を購入するならば、少しでもサー
    ビスの良い店から購入するし、対応が悪ければ苦情も出る。同
    じように福祉サービスであっても、接遇や制度、設備などで、
    不備がある、本人の権利が尊重されないなどに対して、苦情を
    いう事は当たり前のことであり、我慢せずに声を出すことが、
    サービスの向上につながる。苦情処理を確実に行うことこそ、
    更なる良質のケアを提供する為の、必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。