障害者に対する支援と障害者自立支援制度「障害者福祉におけるノーマライゼーション理念の必要性について論じなさい。」

閲覧数193
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校の課題レポートです。
    課題「障害者福祉におけるノーマライゼーション理念の必要性について論じなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士養成校レポート
    課題「障害者福祉におけるノーマライゼーション理念の必要性
    について論じなさい。」
    福祉の思想として世界的に定着しているノーマライゼーショ
    ンの考え方はデンマークで生まれた。この考え方をこの国の障
    害者福祉の基礎に据え、世界にその思想を広げる功績を遺した
    人物がバンク・ミケルセンである。彼は社会省で福祉の仕事を
    していく中で障害者に対して不当な人権無視が横行している現
    況に心を痛める。そして 1951 年に障害児親の会が掲げたスロー
    ガンに「ノーマライゼーション」とタイトルを採用した。その
    後、彼が委員長を務める政策委員会で 1959 年「知的障害者福祉
    法」が成立するがその中で「ノーマライゼーション」という言
    葉が世界で初めて法律に用いられた。内容は「知的障害者の生
    活条件を可能な限りノーマルな生活条件に近づける」という当
    時画期的なものであった。この考え方は「ノーマライゼーショ
    ン育ての父」と言われているスウェーデンのベンクト・ニーリ
    エによって世界中に広がり、1971 年に国連で採択された「知的
    障害者権利宣言」の中に反映され、1981 年の「国際障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。