ロシアの歴史を知るための50章

閲覧数402
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 14ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    課題図書として提示された書籍の要約をまとめたものです。ロシアの歴史について勉強する際にまとめノートとして活用していただけると幸いです。書誌データは以下の通りです。
    下斗米伸夫『ロシアの歴史を知るための50章』(明石書店、2016年)

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロシアの歴史を知るための 50 章
    一章
    1キエフ・ルーシの時代
    ・ルーシはフィン・ウゴル系の人々と共住し、七世紀から八世紀に形成
    862 年リューリクがキエフ・ルーシを建設。当初はヴァイキングの文化と言葉(古ノルド語)
    を保持していたが、のちにスラヴ人と同化してそれを自分たちの文化だと意識。
    氏族的な原理
    ・キエフを中心にたくさんの諸侯があった。その諸侯が対立し、スーズダリ(北東ルーシ)
    が独立。
    ルーシという外来の勢力が東スラヴに定着し、氏族的な(血縁集団)原理によって諸侯が
    対立し、「ルーシ」意識が薄れて国家としての統一がなくなる。
    正教キリスト教
    ウラジーミル 1 世がビザンツ皇女と結婚し、正教を国教にする。
    →ビザンツ文化を引き継ぐ(ロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語はキリル文字)
    2タタールのくびき(1238‐1480)
    ・モンゴルへの定期的な貢納、軍役、使役の提供を強制される
    ・東からはモンゴルが、西からはリトアニアが攻めてきたため、キエフ時代の統一感は失
    われた。この影響がのちに、政治体制や文化、社会を独自に変えて、ロシア、ウクライナ、
    ベラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。