京都と文学(近・現代)佛教大学

閲覧数1,246
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明治時代の京都を詠った詩人と作品を取り上げ、どのように詠ったのか具体的に述べよ。

    本レポートでは、まず、明治初年の京都から江戸へと時代が流れ、京都の人はどのようにしたのかについて述べ、次に、京都を詠った詩人にふれ、代表作品と京都をどのように詠ったのかについて具体的に述べる。最後に京都と詩の関係性について触れる。

    ・歌人とは和歌を作る人、歌詠みのことをさし、和歌とは漢詩に対して、奈良時代までに発生した日本固有の詩歌のことを指す。
    ・俳人とは俳句を作る人のことをさし、俳句とは一般に、5.7.5の3句17音からなる定型詩で、季題によって自然の風物・人事をよむ。明治以後のものを俳句と呼ぶ。
    ・詩人とは詩歌を作ることを専門とする人のことをさし、詩とは一般に、一定の韻律に則って選ばれた句を一定の形式に配列して表現される言語芸術をいい、詩歌は主に和歌や俳句が挙げられる。
    ・小説家とは小説をつくる人、また江戸期の戯作などの作者のことをさし、小説とは民間に伝わる話や市中の話題を記述した、散文体の文章。正式の、改まった文章でないものを指す。(デジタル大辞泉)

    はじめに1868年(明治元年)、江戸は東...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。