明星大学 通信 教育心理学 1単位目

閲覧数224
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    【課題】
    ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。

    一発合格レポートになります。参考文献は配布された教科書中心ですので、ぜひ参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本稿ではピアジェの認知発達段階理論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べ
    る。
    まず、ピアジェの認知発達段階理論について述べる。ピアジェは、個人は周りの世界を
    理解するシェマ(スキーマ)と呼ばれる認識を持っており、それを同化と調節の 2 つの働
    きによってつくり替えていくことが、認識の発達であると考えた。(杉本・西本・布施 2020)
    同化とは環境からの情報を自分のシェマに合わせて取得すること。調節はシェマを環境に
    合わせてつくり変え情報を取得することを意味している。この 2 つの繰り返しで認識の発
    達をしていくとピアジェは考えたのである。そしてこの認識の段階を➀感覚運動期、➁前
    操作期、➂具体的操作期、➃形式的操作期の 4 つに区分したものが、ピアジェの認知発達
    段階理論である。
    ➀感覚運動期は、誕生から 2 歳ごろまでである。この時期の特徴は、言葉ではなく自分
    の感覚と運動能力によって周りの理解をしようとすることである。誕生からすぐに反射が
    見られるが、ピアジェは「反射のシェマ」と名付けた。この反射が見られなくなった後か
    ら、感覚と運動能力での理解が始まる。さらに、この感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。