東北福祉大学通信 公的扶助論【良】評価 生活保護が抱える問題について

閲覧数652
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

    評価【良】のレポートです。
    課題把握 内容理解【A】評価です。

    課題:生活保護の仕組みや相談援助活動を理解したうえで、生活保護が抱えている問題について述べなさい。(H27年)

    内容:生活保護制度の概要を踏まえて、北九州市での生活保護についての事例を示しながら生活保護制度と相談援助活動について考察した内容です。

    皆様の学習の参老人考になりますように☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    公的扶助論
    (課題)
    生活保護の仕組みや相談援助活動を理解したうえで、生活保護が抱えている問題につい
    て述べなさい。
    (解答)
    公的扶助の中核的制度である生活保護制度は、憲法25条「健康で文化的な最低限度の
    生活を営む権利を有する」という理念に基づき、最低限度の生活を保障し、自立を助長す
    ることを目的としている。生活保護法は、国民の生存権を実現するための制度である。こ
    の生活保護法には、「国家責任の原理」「無差別平等の原理」「最低生活の原理」「保護の捕
    捉性の原理」の4つの原理を遵守し運用しなければならない。「保護の補足性の原理」は、
    生活保護を受給しようとする者が、保護受給前に自らが利用できる資産や能力、家族や親
    族その他のあらゆるものを活用しても最低限度の生活水準を維持できない時に、不足分の
    保護を行うという生活保護制度固有の特質である。
    また、生活保護には「申請保護の原則」「基準及び程度の原則」「必要即応の原則」「世帯
    単位の原則」の4つの原則が定められている。「申請保護の原則」は、保護が必要であるに
    もかかわらず申請しないために、生死に関わる状況に陥る可能性があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。