【佛教大学】生徒指導・進路指導の理論及び方法 S5461 科目最終試験

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    【佛教大学】生徒指導・進路指導の理論及び方法 S5461 科目最終試験 合格済

    問題: 
    教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題について述べよ。

    こちらは2021年度4月以降入学、新テキスト・シラバスに対応しております。
    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。

    【参考文献】 これからの教師と学校のための教科外教育の理論と実践Q&A 教職問題研究会 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    設題: 
    教科外教育
    とは

    かについてまとめ、その
    構造

    課題
    について

    べよ。
    ▷教科外教育
    とは


     「知的文化遺産

    伝達」
    や「
    人格

    陶冶」
    という
    教育

    本来

    目的

    達成
    するためには、
    教育
    においては
    知識

    技能
    だけの
    習得
    だけでは

    りず、
    授業

    中心
    とした
    教科
    ではなく
    教科以外

    教育

    重視
    される
    必要
    がある。
    一般

    これを「
    教科外教育」

    定義
    するが、
    学習指導要領
    では「
    特別指導」

    部分
    において
    言及
    されている。
     学校
    において
    教科外教育
    は「
    特別活動」
    と「
    生徒指導」

    一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。