【最新】東京理科大学 2021年度 生物学実験 24.DNAの抽出と増幅、電気泳動 レポート S判定

閲覧数571
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2021年度版の生物学実験レポートです。
    本レポートを参考に自身の記述を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。 ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 目的
    DNAを抽出することで、DNA抽出の原理を学ぶ。そして手動 PCR実験を体験するこ
    とで、PCRの原理と分子生物学的知識の定着を促す。
    本実験では簡易電気泳動の実験を体験することで、電気泳動の原理と分子生物学的知
    識の定着を促進する。
    2. 原理
    2.1 DNA
    デオキシリボ核酸(DNA)は、バクテリア、植物、動物を含むすべての生物に存在す
    る分子である。DNAは、親から子孫に受け継がれる、または受け継がれる遺伝情報を
    運ぶ。 それは人の髪、目、肌の色、顔の特徴、顔色、身長、血液型など人の形質の
    ほとんどすべてを決定する。
    あなたの DNAはあなたの母親の DNAの半分とあなたの父親の DNAの半分の組み合わせ
    である。それが、あなたがあなたの両親のそれぞれからいくつかの特徴を持っている
    理由である。
    DNAには、名前の最初の文字で呼ばれる 4 つの化学単位が含まれている。A(アデニ
    ン)、G(グアニン)、T(チミン)、C(シトシン)。これらの 4 つの DNA「文字」は遺伝
    情報のコードを構成する。これらの遺伝子には、タンパク質を作るための情報が含ま
    れてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。