社会理論と社会システム_現代日本における「アンダークラス」の形成について

閲覧数465
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会理論と社会システム
    【課題】現代日本における「アンダークラス」の形成について、その問題点をまとめなさい。

    社会福祉士の通信学校にてA評価をいただいております。
    内容を全て引用するのはお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会理論と社会システム
    現代日本における「アンダークラス」の形成について
    日本は高度経済成長期(1955 年~1973 年)が幕を閉じた 1980 年頃から格差拡大が生じ
    ている。また、バブル景気(1986 年~1991 年)の崩壊により、安い賃金で労働力を手に入
    れようとする企業が増え、非正規雇用が拡大、多くの若者たちが非正規雇用労働者となっ
    た。
    その結果、現代の日本では格差を通り越し、階級社会に突入、アンダークラスと呼ばれ
    る貧困層が増え続けており、危機的な状況を迎えている。
    バブル景気の崩壊により、非正規雇用労働者が増えた我が国日本であるが、その数 2010
    年以降から増加傾向にある。1994 年当時の非正規雇用労働者が 971 万人だったのにし、2010
    年には 1,763 万人、そして、2020 年には 2,090 万人と当初と比べて約 2 倍も増加傾向にあ
    る事がデータから分かる。⑴
    このように、非正規雇用労働者が増加した背景には、企業側が安く労働力を手に入れた
    いと考えた事に加え、2013 年 4 月より施行された無期転換ルールも大きく関与していると
    考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。