W0104 ソーシャルワークの歴史的背景・意義・役割・課題

閲覧数339
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    レポート作成の参考になれば幸いです。
    2021年度 
    W0104 社会福祉原論
    『ケアマネジメントが登場してきた歴史的背景、意義と役割について述べるとともに、本来のソーシャルワークとしての機能を発揮するための課題について自分の考えを加えて論述せよ。 』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケアマネジメントが登場してきた歴史的背景、意義と役割について述べるとともに、本
    来のソーシャルワークとしての機能を発揮するための課題
    1. ケアマネジメントの歴史的背景、意義と役割
    1980 年代における日本は高齢者福祉の問題があった。日本は、家族形態が核家族化し、
    家族による介護が困難になりはじめていた。そして、高齢化社会に伴い高齢者の人口比の
    割合が上昇して介護ニーズが要求され、新たな介護システムの模索が課題となっていった
    のである。
    そこで、ケアマネジメントの先進国であるアメリカとイギリスの方法を注目したのであ
    る。1970 年代、アメリカでは、ナーシングホームの入所にかかわる公的費の縮減をはかる
    ことをねらいとして、重度障害を持つ高齢者を在宅ケアできるようにケアマネジメントが
    導入された。イギリスでは、さまざまな福祉や医療・保健の制度、フォーマル、インフォ
    ーマルなサービスを活用しながら「自立支援」のための援助をおこなうものとして、政治
    展開によってコミュニティケア法が制定され、ケアマネジメントが制度化した。いずれの
    国も、効果的かつ効率的にサービスを提供することを主とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。